8/5 韓国テストサバ職調整

テストサバ職調整
この記事は約23分で読めます。

ウォリアー

覚醒ウォリアーの場合、鋭い動き、悪力に基づくキャッチ、コンプライアンス攻撃力と防御力で、現在のPvPでバランスのとれたクラスです。ただ、「墓刈り」の移動速度減少デバフが過度の性能を発揮しており、保持時間と数値を調整し、ウォリアーを硬くしてくれるすべての防御力増加バフも性能的に過度な部分があり、重複適用されないように調整しました。

主武器
●大剣障壁、夕暮れの傷、夕暮れの教え、無慈悲、戦場の響き、防御態勢技術使用時に適用されるすべての防御力増加効果が重なって適用されないように変更されました。

覚醒

●墓を教える

–  I~IV技術の打撃成功時の速度減少効果が変更されました。
* 打撃成功時10秒間移動速度減少30% → 打撃成功時5秒間移動速度減少10%
* 打撃成功時10秒間攻撃速度減少30% → 打撃成功時5秒間攻撃速度減少10%
* 打撃成功時10秒間詠唱速度減少30%→打撃成功時5秒間詠唱速度減少10%

ソーサラー

覚醒
●カルティアンの悪夢

– 技術にモンスターにのみ適用されるクリティカル確率40%が追加されました。

●吹き飛ばす闇

–  I~III技術のダメージが変更されました。
* 1打撃ダメージ:910/1011/1178%x5→910/1011/1178%x6
*2打撃ダメージ:997/1082/1272%x6→997/1082/1272%x6
* PvP時ダメージ減少率%

禁煙

覚醒禁水とは、先制攻撃に対する弱点と曖昧な防御判定により、PvP、特に1:1で強力であるという長所が望まれていました。これに<神獣の乱舞>にバウンド効果を除去する代わりに前方ガード効果を追加して安定性を増やし、既存の<共鳴:青龍>効果が活性化されているとき<月光打>の移動距離を基本効果として確保させることにより進入技術への利点を加えました。最後に<黒檀:轟音> 技術使用時、黒檀が禁水樽を保護するという感じで、接近する相手を受け取れるように改善しました。

伝承

●川:ラザフ

– 他の技術使用中ではなく、戦闘待機状態でもすぐにシフト+Cキー入力で発動できるように改善されました。

覚醒

●月光打

– 技術使用後、神獣の乱舞技術がスムーズに連携するように改善されました。

– 技術使用後↓+左クリック入力時の流れ:満月技術より神獣の乱舞技術が優先発動されるように変更されました。

– <共鳴:青龍>効果活性化中月光打技術移動距離増加効果が<共鳴:青龍>効果が活性化されていなくても月光打技術に常に適用されるように改善されました。

●回避移動

– 空棒状態で回避移動技術をロックしても前方回避移動は発動するように変更されました。

●四方信務:共鳴

– 技術特化が可能な技術で改善されました。

– 共鳴効果の持続時間が5分から1時間に増加しました。

●神獣の乱舞

– 打撃成功時バウンド効果がモンスターにのみ適用に変更されました。

– 技術使用中にフロントガード効果が追加されました。

– ボン:神獣の乱舞技術の効果が打撃成功時にバウンドに変更されました。

●黒檀:轟音

– 黒檀効果が次のように変更されました。
・相手を狙っていてもいつも禁水とそばに黒檀が移動し、黒浪効果を発動するように変更されました。
・黒斑効果のダメージが以下のように変更されました。
 > 全てのダメージは黒檀のレベルに応じてダメージ×15適用 → 全てのダメージは黒檀のレベルに応じてダメージ×1、最大20ダメージ適用
・ 黒斑効果の攻撃範囲が増加しました。
・黒斑効果の演出が変更されました。
・黒斑効果が持続する間、硬直が適用されるように変更されました。

武士

伝承

●川:扇風参

– 技術が再使用待機時間状態のときに適用されるPvEダメージが28.6%減少しました。


●川:激風

– I〜III技術が再使用待機時間状態のときに適用されるPvEダメージが36.2%減少しました。


●川:開花

– 技術が再使用待機時間状態のときに適用されるPvEダメージが15.8%減少しました。

覚醒

●フロー:霜の花

– 技術の追加打撃成功時ノックダウン、ダウンスマッシュ効果が1打撃成功時ダウンスマッシュ、追加打撃成功時ノックダウンに変更されました。

ヴァルキリー

主武器

●シールド投げ I~ジン
– 技術が再使用待機時間状態のとき、技術使用時に神性力が消耗しなかった現象が修正されました。 

くのいち

覚醒クノイチは代表技術と呼べる「ヒヨンム」の回転攻撃速度を上昇させて活用度をさらに引き上げ、技術と技術の連携をより自然に活用できるように改善しました。各技術のダメージは大きく調整されていませんが、アクションのスピードと連携が強化されただけに、全体的な能力自体ははるかに良くなると期待しています。(追加で伝承くのいちの場合、PvEで上方調整が必要で、車主反映予定です。)

覚醒● サハホイール武器状態で回避移動ショートカット(WW)入力時にパワー疾走ができるように改善されました。

– ターゲット追撃技術効果活性化中も同様に適用されます。

●ヒヨンム

–  IV技術のPvPダメージ減少率が63%から59%に変更されました。

– 技術の回転攻撃速度がアップしました。

– 技術使用中右クリック時の流れ:仕訳技術で連携が可能に変更されました。

– 技術使用後左クリック時の流れ:仕訳技術で連携する速度が上方されました。

●フロー:仕訳

– 技術の攻撃前の動作速度がアップしました。

●ソナンサハム

–  I~IV技術のPvP時ダメージ減少率が変更されました。
* PvP時ダメージ減少率:50.2/50.9/51.8/52.8% → 42.5%

– I~IV技術の再使用待機時間のうち、ダメージが一般ダメージの55%だけ適用されるように上方されました。

– 技術の移動距離が減少し、技術使用時に消費される資源が持久力150消費から闘志40消費に変更されました。

● 月鎖

– 技術の持久力消費量が以下のように変更されました。
*技術使用時持久力300/280/250消費→技術使用時持久力200消費

忍者

覚醒
●流れ:音速爆音

– 技術特化が可能な技術で改善されました。●数でも武器状態で回避移動ショートカット(WW)入力時にパワー疾走ができるように改善されました。

– ターゲット追撃技術効果活性化中も同様に適用されます。

伝承
●川:乱舞

– 技術のコマンドに関する説明が実際と同じように、以下の説明が追加されました。
*川:赤殺大雨使用後S+右クリックを維持

●川:亡者斬首

– 技術を所定の位置で使用したとき、技術の攻撃動作/エフェクトと実際の打撃が適用される時点が異なって露出していた現象が修正されました。

●闇精霊:鋼:回転刃

– 技術使用時、最初の打撃でカメラが見つめる方向に攻撃が発動されなかった現象が修正されました。

格闘家

戦勝格闘家は、次週のアップデートを通じて調整される予定です。

場所、ウィザード

覚醒位置とウィザードの場合、<元素化>を他の技術中連携できるように変更し、移動中の無敵効果で活用度を高めました。また、マグとアネ、ゴルとテットのダメージをそれぞれ高め、召喚獣を活用した戦闘をした時、PvEでより強力な姿を見せるように改善しました。

さらに、伝承位置の場合、<川:マルチ魔法矢>の再使用待機時間を減らしました。この技術は他の技術と連携して様々な効果を得ることができますが、曖昧な再使用待ち時間のために活用するのに曖昧な部分があったからです。

●元素化

– 起動動作速度が小幅上昇しました。

– 移動中のスーパーアーマー効果が技術開始時、スーパーアーマー、移動中に無敵に変更されました。

– 他の技術使用後の元素化技術がスムーズに連携するように改善されました。

ウィザード

覚醒

●大災害

– マグ効果ダメージが変更されました。
*マグ効果ダメージ:1130%→1300%
*マグ効果PvP時ダメージ減少率:31%→40%

●破滅の火玉

– マグ効果ダメージが変更されました。
*マグ効果ダメージ:1130%→1300%
*マグ効果PvP時ダメージ減少率:31%→40%

●水膜爆裂

– アネ効果ダメージが変更されました。
*アネ効果ダメージ:1208%→1389%
*アネ効果PvP時ダメージ減少率:36.5%→45.8%

●フロー:アネのインド

– 技術ダメージが変更されました。
*打撃ダメージ:763%→839%

– PvP時のダメージ減少効果が追加されました。
* PvP時ダメージ減少率:9.1%減少

場所

伝承

●川:マルチ魔法の矢

– 技術再使用待機時間が5秒から4秒に減少しました。

覚醒

●バランス崩壊

– ゴール効果ダメージが変更されました。
*ゴール効果ダメージ:1210%→1392%
*ゴール効果PvP時ダメージ減少率:31%→40%

●フロー:ゴールを転がす

– 技術ダメージが変更されました。
*打撃ダメージ:765%→842%

– PvP時のダメージ減少効果が追加されました。
* PvP時ダメージ減少率:9.1%減少

●雷電嵐

– テット効果ダメージが変更されました。
*テット効果ダメージ:1147%→1319%
* PvP時ダメージ減少率:30.9%→39.9%

●フロー:テットの電流

– 技術ダメージが変更されました。
* ダメージダメージ:1147%→1319%
* PvP時ダメージ減少率:30.9%→39.9%減少

ダークナイト

伝承ダークナイトはPvPでの性能を補完することに焦点を当てました。まず、「川:ベディルの狂気」に適用されていたバウンド効果をPvE状況でのみ適用されるように変更する代わりに、「川:空襲」にスーパーアーマーを、「川:ハルキは狂気」に前方ガードを追加しました。これにより敵陣に進入して戦闘を誘導しなければならない伝承ダークナイトのスタイルがもう少し安定性を持つと期待しています。
さらに、資源消費(精神力/持久力)を再編しました。まず、「川:空襲」がスーパーアーマー効果を持つにつれて、精神力ではなく持久力が消耗する形に変更され、代わりに「露出した雨水」の要求持久力を削除して精神力消耗に変更しました。最後に移動距離に比べて過度に測定されていた<川:夕暮れの疾走>の持久力消耗も300から200に減りました。最後に、「川:野上曲」技術に連携する動作の一部を「川:カマシルビアの真」に変更し、両方の技術を状況に応じてより均等に使用するように改善しました。

伝承

●川:カマシルビアの真

–  Earth II技術で連携して使用した場合、収集が完了しなくても収集ダメージが適用された現象が一般ダメージが適用されるように修正されました。

– 川:カマシルビアの真III技術のPvP時、1打撃減少効果がI~II技術と同様にPvPでも同じ打撃が適用されるように変更されました。

●川:ベディルの狂気

– 打撃成功時にバウンド効果がモンスターにのみ適用されるように変更されました。

●川:空襲

– 攻撃中にスーパーアーマー効果が追加されました。

– 技術使用に必要な資源が精神力60から持久力150に変更されました。

●露出した雨水

– 技術の使用に必要なリソースが次のように変更されました。
*既存:持久力100/150/200/200
*変更:精神力30/35/40/40

●川:夕暮れの疾走

– 技術使用に必要な資源が持久力300から持久力200に変更されました。

●川:ハルキは狂気、流れ:ハルキは狂気

– 技術使用中にフロントガード効果が追加されました。
– 技術使用中の流れ:ハルキは狂気技術発動が不可能だった現象が修正されました。

●川:運命のワゴン、川:ベディルの狂気

– 技術使用後、他の技術への連携速度が増加しました。

●川:漆黒の灰山

–  IV技術の打撃成功時バウンド効果がI〜III技術と同様にモンスターにのみ適用されるように変更されました。

– 技術使用中にスーパーアーマー効果が追加されました。

●川:野上曲、川:カーマシルブの真

– 技術の発動方法が以下のように変更されました。
*既存
>川:ベディルの狂気、川:夕暮れの疾走、流れ:ベディルの襲撃技術使用後、右クリック追加入力または川:カマシルビアの真の集め動作後、右クリック追加入力時鋼:夜上曲発動
*変更
>川:ベディルの狂気、流れ:ベディルの襲撃技術使用後右クリック追加入力時 川:夜上曲発動
> 川:夕暮れの疾走、川:カマシルビアの真集める 動作後 ウクリック追加入力時 川:カマシルブの真技の集まり打撃発動

ラン

伝承欄は攻撃に対する準備と移動に対する負担を軽減する形に改善しました。まず、移動技術ではなく「パボン眼」の持久力消耗を完全に除去(闘志に置き換え)し、攻撃力増加効果を与える「絶縁」の持久力要求値を100に下げました。そして「川:日経球化」の突進攻撃中も持久力が回復するように変更しました。(伝承欄の持久力と「移動」に関してはパッチ以降も確認を続けます。) 覚醒欄はPvPでの能力を強化しました。まず最初に覚醒の代表技術である「魂霊チャギ」の場合、かつて過度の性能により範囲と再使用待機時間を下げましたが、現在の戦闘中に運用するのに残念があると判断し、再使用待機時間を2秒下げました。そして、ランの攻撃がより威力を持つように<降臨>に打撃成功時回避率減少6%効果を追加し、<大地の傷>には全ての防御力減少値を15から20に高めました。最後に、比較的遅い詠唱速度を持っていた<新月舞>を<血ムリム><流:悪格>使用後連携できるようにして活用度を高めました。

主武器

●パボン眼

– 技術使用に必要な資源が持久力消費から闘志50消費に変更されました。

– 技術打撃成功時闘志回復効果が打撃成功時生命力回復効果に変更されました。
*生命回復:15/15/15/25

●絶縁

–  II〜III、ジン技術の持久力消費量が変更されました。
*持久力消費量100/150/150/150→100

変更前変更後
※持久力2506基準キャラクターで撮影されました。※持久力2506基準キャラクターで撮影されました。

●川:日経球化

– 技術突進攻撃中に持久力回復するように改善されました。

覚醒

●火災

–  1打撃以降、雲霧林でスムーズに連携できるように改善されました。

変更前変更後

●終末の一歩

– 技術使用中に持久力が回復するように改善されました。

●血ムリム、流れ:悪格

– 技術使用後、新月舞技術でスムーズに連携するように改善されました。

変更前変更後

●死の武道

– 技術使用後、大地の傷技2打撃で連携できるように改善されました。

変更前変更後
※モンスター対象デモ映像です。 ※モンスター対象デモ映像です。 

●大地の傷

– すべての防御力10秒間-15減少効果が-20減少に変更されました。

●混乱

– 技術再使用待機時間が17秒から15秒に変更されました。

●降臨

– 技術打撃成功時10秒間、すべての回避率減少6%効果が追加されました。

アーチャー

アーチャーは「満開の肉」が「流れ:光源の肉」を習得し、遠距離広域被害を活用する形に変更になりました。ただし、このような変化は多数のモンスターを相手にする時は意味がありましたが、最上位狩り場では弱い面貌を見せました。これに<フロー:光源の肉>をロックする場合<満開の肉>技術を使用できるようにし、近接ダメージ量を上方調整して最上位狩り場でも活用可能に調整しました。

●フロー:光源の肉

– 技術コマンドをロックできるように変更されました。
*フロー:光源の肉コマンドをロックする場合、満開の肉技で発動されます。

●満開の肉

– 技術の近接打撃ダメージが変更されました。
* 接近打撃ダメージ:98% / 384% / 988% → 106% / 415% / 1067
%

シャイ

シャイは、フローラン技術の多くの打撃数と最高の防御力減少デバフを持っています。このような点は少数のモンスターを長く攻撃しなければならない狩り場で相乗効果を引き起こし、高い効率を引き出すことができました。シャイは上記の特徴は維持をしながら過度に高い効率を出す部分を調整しようとしました。過度の効率を少し下げますが、エルビア:ギュントの丘やガイピンラシア地下など少数のモンスターを相手に狩り場ではまだ強力な感じを維持できるようにしました。

●1、2、3

–  1,2打撃のPvEダメージが以下のように変更されました。(PvPダメージは従来と同じです

)減少率 : 27.3% / 27.4% / 27.3% / 27.2% / 27.3% → 21.9% / 21.9% / 21.7% / 21.8% / 21.8%

●味を見てください

– 技術ダメージが次のように変更されました。(PvPダメージは従来と同じです。)
*打撃ダメージ:1275%→1122

●ポールセット

– 技術ダメージが次のように変更されました。(PvPダメージは従来と同じです

) / 11.1%
●太陽と月と星、私たちが主人公、夏の雨、空を高く叫ぶ

– 味方に適用される効果と自分に適用される効果の持続時間が同じように60秒に変更されました。

●頑張って!

– 技術の生命力回復量が200から300に増加しました。

ガーディアン

覚醒ガーディアンは、PvEとPvPの能力を強化するために、いくつかの技術のダメージを高めました。特にPvPでは、<効力>の動作が変更されました。<ヒョス>は雑誌類の技術の中でも意図的にやや遅い動作で構成したが、他の様々なキャラクターの変化によって現在は活用するのが曖昧になっています。これに<ヒョス>を所定の使用ではなく若干の前進型動作に変更して活用度を高めました。伝承ガーディアンの場合には、PvEの上向きが必要だと判断し、<河川:大地強打><河川:雪山粉><河川:四肢切断>などの主要技術のダメージが上方調整されました。

覚醒
● 孝獣

– 技術使用時、前方に小幅近接して敵を捕まえる動作に変更されました。

変更前変更後

●絶滅の炎

–  I~III技術のダメージが以下のように変更されました。
* ダメージダメージ:751/909/1056% x 14 → 938/1136/1320% x 14
* PvP時ダメージ減少率:40/35/30% → 35%

●浄化の炎

–  I~IV技術のモンスターにのみ適用されるクリティカル確率25%増加効果がプレイヤーにも適用されるように変更されました。

●弾む歯

– I~III技術の一般打撃ダメージが以下のように変更されました。
* 1打撃ダメージ 639/844/1049% x 4 → 798/1055/1311% x 4
* 1打撃炎ダメージ 518/686/852% x 8 → 518/686/852% x 8
* 2打撃ダメージ/1049% x 8 → 798/1055/1311% x 8
* PvP時一般打撃ダメージ減少率:35% → 40
%

伝承
●川:大地強打

–  I~IV技術のダメージが変更されました。
( PvP
ダメージは既存と同じです。)52/52/52/58.3%

●川:雪山の粉

–  I~III技術のダメージが変更されました。
( PvP
ダメージは従来と同じです。)

●鋼:四肢切断

–  I~III技術のダメージが変更されました。
( PvP
ダメージは従来と同じです。)

ハサシン

伝承ハサシンは砂の突風を制御する方法を追加し、一部の狩り場で円滑な狩りを進めるように改善されました。

●アアルの息吹、川:召された刃、川:使徒降臨

– 技術使用時に召喚される砂突風が金系投擲技術使用時にすべて消えるように変更されました。

変更前変更後

ノヴァ

まず、伝承ノヴァはPvEで最も低い能力を持っていました。これに伝承ノヴァの核心である親衛隊とアクシオンのダメージを引き上げ、全体的なPvE能力を大きく上昇させました。覚醒ノヴァの<残酷な輪>は、PvPではなくPvEで主に使用できる技術で初めて設計しました。ただし、現在の時点でこの技術がもう少し多様な状況で活用されなければならないと判断され、これにPvPでもある程度のダメージを与えることができ、また覚醒ノバの核心である「特異点突破」を早めることができるように星の息吹回復を追加しました。さらに覚醒ノバは加速状態で爆発的な能力を見せることが主な特徴ですが、<特異点突破>まで到達する過程での持久力消耗が大きく、いざ重要な瞬間に加速を利用することが困難でした。これに覚醒ノバが加速状態でそれにふさわしい動きを見せることができるように、加速状態では持久力に対する負担を軽減しました。

伝承

●氷霧

– 技術使用後他の技術で連携時に親衛隊が登場しなかった現象が修正されました。

– 技術使用時に間欠的に防護態勢にならなかった現象が修正されました。

●川:召された歩兵 

– I〜III技術の親衛隊のダメージが変更されました。(PvPダメージは同じです。)
*親衛隊ダメージ:1150%→1438%
* PvP時ダメージ減少率:65%→72%


●川:死者の王

– アクシアンのダメージが変更されました。(PvPダメージは同じです。)
*アクシアンダメージ:1401%→1611


●川:吹く司祭

– I〜III技術にモ​​ンスターにのみ適用されるクリティカル確率25%が追加されました。

– I〜III技術の最後の打撃数が次のように変更されました。これにより、PvPダメージ減少率が調整される。
*最後の打撃数:4打撃→6打撃
* PvPダメージ減少率:54.54%→69.68%

●川:酷寒の闇

– 2打撃の打撃数が次のように変更されました。これにより、PvPダメージ減少率が調整される。
* 2打撃打撃数:4打撃→6打撃
* PvPダメージ減少率 47.83% → 65.2%

覚醒

●残酷な輪

–  PVPダメージ減少率が変更されました。
* PvP時ダメージ減少率:80%→67%

– 打撃成功時、打撃ごとに星の息吹+0.2%回復効果が追加されました。

●加速:覆うリング

– 技術使用に必要な資源が持久力200から新星力150に変更されました。

●加速:軌道離脱

-技術の持久力消費量が150から100に変更されました。 

セージ

伝承セージはPvEでの性能を高めました。特にスーパーアーマー効果を含む<亀裂のつながり>の柔軟な動きが長所だっただけに、これに合わせて他の技術に防御判定効果を付与しましたが、最上位狩り場が更新されてから難易度が高すぎるという問題が生じました。これに<川:空間破砕>と<激脳する棘>に前方ガード効果を追加して安定性を高め、最上位狩り場でもある程度の攻撃能力は確保できるように<虚像展開>と<大崩壊>技術のダメージを高められ、「河川:戦闘投函」と「河川:口戦放流」はデバフを除去し、魔法攻撃力増加効果を強化し、もう少し攻撃的にも使用できるように改善しました。覚醒セージは「電力投昌」と「流れ:追い越し」の持久力消耗を緩和し、一部技術のPvEダメージを上方調整しました。

伝承

●川:アトルの凝集

– モンスターを対象とするクリティカル確率+50%効果が追加されました。

– プレイヤーを対象とするクリティカル確率+25%効果が追加されました。

●川:電力投昌

-技術の魔法攻撃力増加効果が10から16に変更されました。 

– 感電効果が削除されました。

●川:口伝放流

-技術ダメージが変更されました。* 1打撃ダメージ:1099%x3 → 1318%x3 * 2打撃ダメージ:1099%x8 → 1318%x8 * PvP時ダメージ減少率:22% → 35% 

– 感電効果が削除されました。

●川:空間破砕

-フロントガード効果が追加されました。 

●川:大崩壊I~IV

-技術ダメージが変更されました。* ダメージダメージ:656/763/859/977×10 → 852/992/1117/1270×10 * PVP時ダメージ減少率:44% → 56% 

●川:虚像展開

-技術ダメージが変更されました。*打撃ダメージ:1162×8→1336×8 * PVP時ダメージ減少率:38%→45% 

●ジン:煩悩する密室

-技術再使用待機時間が20秒から15秒に変更されました。 

●亀裂の転がり

-技術ダメージが変更されました。* 打撃ダメージ:325/397/507/598/793%x6 → 397/507/598/793/951%x 6 

– I〜ジン技術にクリティカル確率+50%効果が追加されました。

●激脳するとげ

-フロントガード効果が追加されました。 

覚醒
●断罪する雷玉

-技術使用中左クリック入力時の流れ:女罪追及が発動するように改善されました。 

●口伝放流

-技術ダメージが変更されました。* 打撃ダメージ:1322%x7 → 1322%x7 * 最後の打撃ダメージ:1322%x5 → 1322%x7 * PVP時ダメージ減少率:40% → 45% 

●教化する落雷

-技術ダメージが変更されました。* <アケノン効果>打撃ダメージ:1282%x4 → 1282%x6 * <アケノン効果> PVP時ダメージ減少率:60%→68% 

● 電力投窓

-技術ダメージが変更されました。* 打撃ダメージ:719/900/1002% → 827/1035/1152% * PVP時ダメージ減少率:68% → 72% 

– 技術の持久力消費量が200から150に変更されました。

●フロー:追い越し

-技術の持久力消費量が200から150に変更されました。 

カセア

伝承
●川:ナウル唇

-攻撃範囲が小幅増加しました。 

●サーフ

-技術使用中モンスターにダメージを与えない無敵効果が追加されました。 

●川:船長の命令:開始!

-技術使用後W+左クリック時の流れ:余波技術が発動するように改善されました。 

– 技術使用後の方向キー+スペースバー入力時の流れ:波倒し技術連携可能に変更されました。

●川:ナウルチ

-技術使用後、吹き飛ばす風波技術への連携速度が増加しました。 

●フロー:風波

-技術特化が可能な技術で改善されました。 

●フロー:ナウルの口当たり

-技術特化が可能な技術で改善されました。 

覚醒
●海賊の美徳

– 技術使用時に登場した海賊団の団員が攻撃目標を変えるように改善されました。 

●花火大会、海賊団出撃!

-技術使用時、キャッチャーのペアがカセアから離れているとき、カセアの近くに移動して攻撃を続けるように改善されました。 

●船長の命令:開始!

-技術ダメージが次のように変更されました。*ダメージ量:977% / 1139% / 1409% → 1075% / 1253% / 1564% * PvP時ダメージ減少率: 30% → 35% 

●船長の命令:終結!

-技術ダメージが次のように変更されました。*ダメージ量:1409%→1479%* PvP時ダメージ減少率:60%→61% 

ドラカニア

伝承ドラカニアは攻撃力と生存力の両方の部分で強力な面貌を見せただけに、攻撃力に対する能力が減少しました。最初のダメージ減少率自体が低すぎるように設定されていたので、数値が調整されても攻撃力は他のキャラクターと似た形になるように調整しました。さらに覚醒ドラカニアは引き続きPvE、PvPの両方を確認する過程を経ており、必要に応じて継続的にパッチをしていきます。

伝承
●稲楽火炸裂

– I〜ジン技術のPVP時ダメージ減少率が変更されました。* PvP時ダメージ減少率:43%→60% 

●川:雷雷火炸裂

– I~IV技術のPVP時ダメージ減少率が変更されました。* PvP時の打撃ダメージ減少率:53%→58.6%* PvP時の追加ダメージダメージ減少率:10%→20.8% 

– 最大出力時追加打撃が3回から2回に変更されました。

●川:消える斬撃

– I~III技術のPVP時ダメージ減少率が変更されました。* PvP時ダメージ減少率:36%→58.4% 

●川:分​​ける爪

– PVP時のダメージ減少率が変更されました。* PvP時ダメージ減少率:34%→57.1% 

●川:マークタナンの手振り

– 2打撃成功時ダウンアタック効果が削除されました。 

●川:必死

-技術使用時にイオンがすべて充電される効果が除去されました。 

– バフ効果中でもイオンが放出される技術使用時にイオンが消耗するように変更されました

●川:マークタナンのスケール

-技術使用中にイオンが充電されないように変更されました。 ●技術使用後、攻撃がすべて終了した後、待機姿勢に切り替える動作まで防御判定が維持されないように変更されました。

変更前変更後

覚醒

●フロー:脊椎

– 2打撃の攻撃範囲が増加しました。

– 2打撃以降嵐の襲撃、魔人:撃破の突撃技術でスムーズに連携できるように改善されました。